都筑区北山田の整体・マッサージはこもれびへ・妊娠中の腰痛、肩こりは整体こもれびへ、神奈川県・横浜市・都筑区・北山田・東山田・青葉区・緑区・川崎市【整体こもれび】マタニティ、妊婦さん、肩こり、腰痛、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、耳鳴り、自律神経失調症、坐骨神経痛、膝の痛み、リウマチの痛みでお困りの方をお助けします。

妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛

妊婦さん

  • 妊娠中の腰痛は、妊婦さんの60%以上が体感するという統計があります。
  • 妊娠中に腰を痛めてしまったら、腰痛は出産まで改善しにくい傾向があります。
    また、出産後に腰痛が改善するとも言いきれません。
    出産後には”授乳”や”抱っこ”等の育児が始まるからです。
    腰痛がある状態で赤ちゃんを”抱っこ”するのは非常に強い負担となります。
    その為、出産後の方が腰を酷使する事になります。
    ですが、妊娠中は腰痛が発症しやすい時期です。この腰痛を、出産後に引きずらない
    ようにする事が当院が出来るサポートとなります。

腰痛の原因

  • ホルモン分泌の影響
    妊娠中は関節を柔らかくするホルモン(リラキシン)の働きで、
    骨盤を形成する靭帯・結合組織が弛緩し骨盤の関節(仙腸関節)や恥骨結合などが弛みます。

    これは、赤ちゃんが産道を通って生まれてくる時にスムーズに降りてくる事が出来るように
    作用します。ですが、この緩んだ骨盤で子宮の重みを支えることになります。
    この子宮の重みが、骨盤の開きを強めてしまい骨盤部分の腰痛を引き起こすことが
    よくあります。
    また、リラキシンは妊娠初期から分泌される為に、もともと骨盤にゆがみがあった
    妊婦さんの場合には、妊娠初期から腰痛が現れる事があります。
  • 重心位置の変化
    お腹が大きくなるに従い重心位置が前方(お腹側)に移動することにより、
    反り腰になる傾向があり腸腰筋や脊柱起立筋と呼ばれる筋肉に大きな負担がかかります。

妊娠中の腰痛治療

  • 妊娠中に施術を受けて大丈夫?
    大丈夫です。当院の施術はとても優しく大きな負担はかけないので安心です。
    ただし「強いつわり」や「気分がすぐれない」場合などは安定期に入ってからの方が安心です。
  • 念の為医師と相談の上連絡頂き、当院にもご相談ください。

施術の流れ

問診

通常と同じくしっかりと問診をさせていただきます。

  • どこが痛むか?
  • いつからの痛みか?(妊娠前にはありましたか?)
  • しびれや股関節の痛みはありますか?
    状態を詳しく聞かせてください。

施術

  • 腰痛の原因を探し治療計画を立てます。
  • 当院の治療はこもれび療法のページでも紹介しているように非常にソフトではありますが、
    施術前後の変化がすぐに体感できますので現在通院されている方も楽しみにしています。

腰痛治療後の説明とアドバイス

  • 腰痛治療後の状態を説明し、日常生活での注意事項、生活習慣、エクササイズ等のアドバイスをいたします。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional